卵かけ飯

今日、家屋では卵かけ食べ物が大流行しています。

遅まき直感が半端ないかもしれませんが、一言に卵かけ食べ物といっても人それぞれで取り扱う香味料や付け合せが違うと思います。

家屋では、熱々のランチタイムに冷やした卵をかけて白だし、味の素をかけて食べます。

ごま油を少しだけプラスしても美味しいですよ!

納豆があればそこに納豆も増しちゃいますし、味付け海苔があれば卵かけ食べ物を巻いて食べます。

そういえば前にTVで見たのですが、生の卵が食べられるのはざっと和風だけで、ほかの国の方法はサルモネラ菌で食中毒になる可能性が高いので火としてから召し上がるそうです。

毎朝卵かけ食べ物を食べられる事柄に少しだけ喜びを感じている今だ。

今日はまってる面

それは、喜ばしいお献立!とくにサンドイッチ♪

元ベーカリーで仕事をしていてて、ちょっと前からパン作りたいなーとか、美味しい料理作りたいなーとか
変わった献立作りたいなーとか考えておりまして〜、最近はサンドイッチにはまってます。

ただねーすごくうまいし、状態も良い感じで出来るようになったんですが
サンドイッチって崩れ落ちるっ、てかひずみ易い(汗)

今日もお子供って自分の為に正午に作ったんですが、トマトが飛び散ってちょっと食べにくかった(汗)

ついに、工夫してボロボロ落ちないようなサンドイッチ作りたいんですが、まったく吟味内側だ。

今日のサンドイッチの採点

お子供に聞いたら94条目!

お子供いわく「なんかたらん」(汗)

うーん、100条目もらえるように頑張ります。

中華で昼めしをめぐってきました

近所の中華レストランにランチタイムに行きました。

おところは横浜中華町における有名なお店だそうです。

名物の焼きそばが食べられるランチタイムコースを注文しました。

前菜、点心をいただいて名物の焼きそばが運ばれてきました。

野菜の入った餡の上にかた焼きそばが乗っている独特の方式でした。

パリパリなのかなって食べてみましたが、パリパリというかカリッというフィーリングでした。

なおさらパリパリしているのかとしていたのでちょっと残念でしたがこれはこれで美味しかっただ。

消息筋の餡かけも美味しかったし思っていたのとは違いましたがおいしく頂く事が出来ました。

日焼けした結果・・・

日焼けして、とっくに肌の彩りが小麦色になっている私ですが、

商いの都合上、日差しの強い消息筋、自動車で移動する事が多くて

運転していると、なんとなくやり方といった上肢(関節からやり方にわたって)紫外線にあたって仕舞う体制。

暑いし日焼けやるしでお断りなぁ・・・なんて思っていたのですが、

紫外線にあたって仕舞うやり方から上肢の部分に、赤いの発赤が出来てしまいました。

ニュースで概要が厳しいのですが、あせというような赤いツブツブだ。

けど、あんな上肢の上っ面にあせもなんて出来るのかな???

という、ネットで調べてみたら

どうにも日・日光アレルギーと言うもののようです・・・

まったく、やり方はどうしてももないのですが、上肢の関節からやり方にわたって真っ赤な体制。

日焼けして不満なんて言ってる場合ではない状態になっております。

トホホ・・・

マジカルオイルを集めています

我々はネットでマジカルオイルというものを知りました。

それはアメリカのヒーラーの女性がみずから作っている売り物でした。

いかなる請いも情愛を持って使うと狙うと言われているらしきのです。

恋偶発をアップする売り物や料金偶発をアップする売り物など目的別にあって、取り敢えず料金偶発をアップするマジカルオイルを買ってお財布に塗ってみたんです。

そうなると賞与があったり毎月の食費が浮くようになったんです。

我々は他にも4つ購入して今試しておるところですが、近年サイドワークもやり始めてお金が入ってくるようになりました。マジカルオイルって凄いです。

影響ばっちりです。

おうちでカフェメニュー

最近、毎日のメニューにマンネリを感じていました。
これではいけないと、少ない引き出しから頑張ってアレンジを考えて、美味しいご飯を作るように心がけていますが、どうにもテンションが上がらずに困っていました。
そんなある日のこと、冷蔵庫を覗いてメニューを考えていると、中にあったのは卵だけ。
私にとって、卵料理の代表的なものといったら、やはりオムライスです。
そこで、今日は一手間かけてみようと、まずはケチャップライスから取りかかりました。
プライパンにオリーブオイルを多めに熱し、冷蔵庫にあったタマネギを微塵切りにして、チキンを少し炒め、ケチャップを加えて水分を飛ばしながらチキンライスのソースを作りました。
ケチャップを焦がすと、とてもいい香りあが漂って、酸味が甘みに変わるのです。
そこにご飯を加えると、水分も飛んで、ベチャっとならないチキンライスが出来上がります。
次に、卵に牛乳やチーズを加え、マヨネーズを隠し味程度に加え、塩で味を調えて、たっぷりのバターで半熟の卵焼きを作りました。
それをチキンライスの上に、滑らすように被せるのです。
卵がトロトロで、もう最高の出来映えですが、ここでもう一手間。
いつもなら、ケチャップをかけるだけの私ですが、小さい鍋にシメジやエリンギなどのキノコ類をバターでソテーし、お酒を加えて少々煮たら、少しだけ余った市販のビーフストロガノフのルーに牛乳を加えて、ケチャップとブイヨンで味を調えて、このソースをオムライスの上から半分かけてみました。
これがもう、どこぞのお店のオムライスのようでして。
簡単なのに、見た目も味もプロに近づけたと自画自賛です。
これをワンプレートに乗せて、サイドにサラダを添えたら、オシャレなオムライスの出来上がりです。
こうやって、簡単なのに美味しい、見た目にもこだわって、上手に出来たメニューは写真に撮って保管するというのが、私の家事を楽しくする方法の一つになりました。